車両紹介08

弊社で納入しました「消防ポンプ自動車 CD-I型」をご紹介いたします。

本車両はハイルーフキャブ(レッドアーマーα)を装備し小型でありながら、キャブ内の居住性を向上した車両です。

構造はシンプルな艤装とし、消火活動に必要な資機材は車体左右に効率よく積載し、迅速な活動が可能となっています。また、シャッター式収納庫をポンプ室上部(左右)及び後部に装備し、資機材の落下防止に配慮されています。

後部シャッター内には新型電動アシストホースカー(E-carry01)を装備しています。

このホースカーは従来のスロットルなどの操作は不要で、必要なスイッチやバッテリー残量などの操作パネルもハンドル部分に集約されており、従来の手動式のホースカーと同様に”引くだけ”で、自動制御されたインホイールモーターが駆動し、牽引力をサポートします。電動モードも装備し操作パネルのモードを切り替えれば、電動式ホースカーとして使用することも可能で、バッテリーには、高性能リチウムイオン電池を採用しており、平地で最大4時間の連続走行が可能です。

詳細はこちら【PDF】

 

関連記事

  1. 車両紹介01

  2. 車両紹介07

  3. 車両紹介06

  4. 車両紹介10

  5. 車両紹介02

  6. 車両紹介05

PAGE TOP